2018-04-05
 - ベトナム通信

【ベトナム通信vol.33~それぞれのスタート~】

こんにちは池ヶ谷です。
日本はすっかり桜のシーズンですね。

こちらは季節感ゼロですが、日本のTV番組も
視聴できるので春到来という情報を聞くとベトナムにいても心が躍ります。

 

また春といえば出会いと別れのシーズンでもあります。
先日、AgeCodeで半年間インターンシップとして働いてくれた学生が1名卒業しました。

 

過去にも学生インターンシップは2名受け入れてはいましたが
両名とも3か月程度でしたので半年間は今までで最長になります。

 

まだまだ小さい規模の会社で日本人も僕しかいません。
さもするとインターンシップ生との時間はおのずと多くなりますので
それぞれに非常に多くの想い出があります。

 

今回の彼も例に漏れず非常にたくさんの時間を共に過ごしました。

 

日本では就職活動をせず、とりあえず資格をとってみようというノリで
国家資格である公認会計士の試験に合格し、これまたお酒が大好きで
日本の同年代の中で一番知識があるだろうと自負している非常に優秀な変わり者です(笑)

 

僕は海外インターンシップというのはただの企業内研修だとは考えてません。
異国の地で暮らし、様々な人と触れ、多くの刺激を肌で感じることで
日本人としての誇りや個人の力量を測り知ることが出来るので
人間として成長出来る絶好の機会だと考えてます。

 

彼もこの半年間で大きく成長し多くの事を吸収できたと思っています。
なによりこのベトナムという国と人を心から好きになってくれたことが一番うれしいです。
また仕事面でもプログラミングという新たに熱中できる事を見つけてもらえたのも
大きな喜びでありました。

 

最終勤務日には社内メンバーで送別会を行い、盛大に送り出すことが出来ました。
一緒に乗った帰路に就くタクシーで彼が言った

「今までの人生の中で一番濃い半年間でした」

という一言にこの地で経験した想いが全て凝縮されていると思います。

これから先の人生で多くの困難が待ち受けてると思いますが
ここでの経験が糧になってくれると信じています。
これからも彼のことを応援し続けますし、大きなことを成し遂げてくれると
信じていますので是非自分自身のやりたいことを形にして欲しいです。

 

その一方で4月から日本法人ヴィックスエイジに4人の新入社員が加わりました。

多くの希望を胸に入社した4名には僕からの激励として以下内容を伝えました。

_________________________________

1.様々な事に興味をもって多くの人と出会うこと

社内でも社外でも新しい関係を構築することは財産です。
そしてそこから多くの学びと刺激があります。今の時期なんて
人との出会いややることによって大きく考え方も変わります。
是非無理してでも新しい環境に飛び込んでほしい。

 

2.主人公であってほしい

与えられた答えに対してしっかり問う事。
何も考えられない人間は成長しませんし主体性を持つことで
仕事が楽しくなります。僕らはクリエイターつまり「創造者」です。
やらされるではなくやる側でいてください。そして自分自身が
主人公でいてください。

__________________________________

インターンで旅立っていった彼も、入社した4名も
僕にとっては別れと出会いですが、彼らにとっては
それぞれ新たなスタートです。

 

皆の成長していく過程を見ていくのが楽しみでなりませんし
これからも次世代の育成に力を注いでいきたいです。