2018-07-19
 - 企画

【おれのグルメ~川口市元郷の激安中華】

 

皆さんこんにちは、VIXAGEです!

 

今回はグルメレポートということですが、
私事ながらVIXAGEへ入社して東京に出てきてから
一人(私用)で外食に出かけたことのない程の
自炊大好きおじさんなのです。

 

ここ最近の外食についての知見としては、
現場の外食派の方々がランチに行ってきたことを
ニコニコしながら聞いているぐらいでして。
普段外食をする方々がどのようなお店を普段使いで使っているか、
増して人に太鼓判を押せる、いわゆる一押しグルメについての
知識も薄い私にとっては、恥ずかしながら雲をも掴む話であります。

 

そんな漠然とした中で、今回は趣向を変えて
普段使いにうってつけなインスタ映え度外視の
リーズナブル路線に絞って紹介するお店を探していたところ、
東京近郊で最安でラーメンを提供してくれるお店が
私の勤める現場の近くにあるいう情報が。

 

 

今回紹介するお店は、
本社のある五反田からはかなり離れますが、
埼玉県川口市内にある「天神亭」さん。

 

(写真右側店舗が今回紹介する天神亭さん)

 

いかにも昔ながらの
街の中華料理屋さんといった印象のファサード。
住宅街のど真ん中にあるために駐車場はなし。
いかにも地元の人々で賑わっているイメージ。
お昼前に到着したのですが、
結構お客さんの出入りは激しめでした。

 

 

入り口は薄暗く引き戸も堅く閉ざされており
一見まだやってないのかなと思ってしまう様子ですが、
しっかりと「営業中」の札が。

 

 

ランチには早い時間というのもあり
カウンターのみ4,5名ほどの先客。
カウンターの奥の厨房では、
ご夫婦らしきお二人で切り盛りされている様子でした。

 

 

内装についてもさることながら、
メニューも昭和時代からそのままやってます、といった価格設定。
このご時世、ラーメンが1杯1000円を超える値段も珍しくないのに
250円といった値段でラーメンを提供して経営が続けられているのは、
やはり地元のお客さんに昔から愛され支えられているんだろうと想像つく。

 

今回はまだお昼前というのもありラーメンのみの注文。
オーダーを出してからものの2,3分ほどで着丼。
昔ながらの東京ラーメン、
シンプルな醤油ラーメンといった出で立ち。

 

 

スープはシンプルな醤油ベースですが
鶏ガラのコクがしっかりと効いており、
250円という値段設定であるにも関わらず
しっかりとラーメンを食べたという満足感を味わえました。

 

『うん!これこれ!エイジ~(心の叫び)』

 

 

麺は中細のちぢれ麺でスープがよく絡み、
個人的に好きな麺でした。

 

 

《全体的な感想》

子供の頃、親に連れて行ってもらった
街の中華料理屋さんを思い出してすごく懐かしく思えたとともに、
こういったお店が平成終了1年前となる
このご時世にも残っているということは、
昔から地元の人々に愛され、その支持に応えている
店主あってのことなのでしょう。

 

大手のチェーン店で溢れるこのご時世に、
この様な値段設定で頑張っている
個人の飲食店がどんどん消えていく中、
個人的にこのまま頑張って続けて欲しいと思えるお店でした。
現場が近いのもあり、またふらっと立ち寄りたいと思いました。

 

大変美味しゅうございました!

 

 

【天神亭】 埼玉県川口市元郷 1-23-8
営業時間: 11:30~13:45、17:30~19:45
定休日:日曜日
https://tabelog.com/saitama/A1102/A110201/11006980/