2018-05-22
 - エンジニア

【プリンタの寿命?】

みなさん、こんにちは。
九州支社の後藤です。

 

5月も下旬に入り、日に日に暑さが増していってることを実感しています。
私の天敵である「夏」がすぐそこまでやってきてるのです。

 

先日、寝室用のエアコンを購入しました。
取り付け予定が一週間後なのですが、それまで寝苦しさに耐えれるかどうか
少し心配な今日この頃です。

 

さて、今回はプリンタについて少しお話できればと思います。

 

最近ソフト面ばかりの記事だったので、たまにはハード面の記事も書いてみようかと。

 

個人的な感想ですが、パソコンの周辺機器で最も普及しているものといえば
「プリンタ」になるのではないでしょうか。

 

よく通販なんかでパソコンを購入しようとすると、プリンタもセットでついてくるので
そういうイメージが強くなっているのかな~と思ったりしてます。

 

まぁ、実際パソコンとプリンタはほとんどセットになっているといっても
過言ではないですしね。
かくいう我が家にもしっかりインクジェットプリンタが居座っております(笑)

 

こんな感じで

そんなプリンタにも寿命があるって知ってました?

 

メーカーにもよりますが、
購入から大体3~5年の寿命を想定しているメーカーがほとんどです。

 

私自身、IT業界に身を置いている事もありプリンタの寿命については、
さほど驚くこともないのですが、
意外と寿命が短いことに驚かれる方も多いのではないでしょうか。
(そもそも寿命があることを知らないという方も。。)

 

ではプリンタの寿命の原因って何なのかといいますと・・

 

ほとんどが「ヘッドの摩耗」なんです。

 

家庭にあるプリンタの大半はインクジェットプリンタという種類のプリンタに
なるかと思います。価格も手頃で購入しやすいんですよね。

 

インクジェットプリンタは「ヘッド」と呼ばれる部品からインクを紙に吹き付けることで
印刷をしています。インク交換するときにインクをセットする部分が「ヘッド」ですね。

 

実はこのヘッドが印刷するたびに摩耗(消耗)していくんです。
ヘッドが寿命を迎えると印刷がかすれたり、色合いがおかしくなったりしてきます。
我が家のプリンタさんもまさしくこの状況に陥っております。。

我が家では年賀状や写真の印刷をする程度でプリンタの使用頻度は
そんなに多くなかったのですが、購入から見事に3年でヘッドの寿命を迎えたようです。

 

あまり使っていないのに何故??

 

調べてみると実は、印刷しなさ過ぎてもプリンタの寿命は縮まるみたいです。

 

その原因は、

 

インクだったのです!!

 

使用頻度が低すぎるとインクが固まって目詰まりの原因になるらしいのです。
固いままの液状インクを無理やり紙に吹き付けようと、プリンタさんはいつも以上に
頑張るらしいのです。

 

そして寿命を縮めてしまうという結果に。。。

 

最近(というか結構前からですが)、ネットプリントを利用すればコンビニでも
プリントアウトができます。
年賀状印刷もネット上の印刷屋さんに外注するという手もあります。
純粋にコスト面だけを考えると、自宅のプリンタの必要性はかなり低下しつつあるのではないかと感じたりしてます。

 

“プリンタは消耗品”と割り切って新しいプリンタを購入するのか、
思い切ってプリンタのない生活を試してみるのか、
悩んでいる今日この頃でございます。。。